心を動かすこと

本山 拓人 / Hiroto Motoyama
  • コンセプトメイキング
  • ブランディング
  • UI/UXデザイン
  • アートディレクション
  • プロモーション
  • プロダクトデザイン
  • D2C
  • 新規事業企画
…

PHILOSOPHY

大学では経済学を学んでいました。経済学は「お金」を扱う学問だと思われがちですが、本当は「人とモノ(財)」を扱う学問です。それらの関係性を捉え、より良く結びつけることで、社会を豊かにしていこうという思想が根底にはあります。"経済学とデザインの思想は同じなんじゃないか" そう思って、デザインを学ぶために大学院に進みました。

一方、大学院では、社会はルールや理屈だけでは動かないということを学びました。

頭の中で混沌としていたイメージが具現化された時、議論が活発になり、メンバーのモチベーションや言動が明らかに変わっていく。そんな初めての体験と共に、2010年代から世の中に新しいデジタルサービスや製品が次々と登場し、人々の習慣を変え、社会が大きく変容していく様を目の当たりにしました。

そんな経験を通して気づいたのは、「社会は感情で動いている」ということ。
大小問わず、人を動かすものには、よく考えられた仕組みや実利だけではなく、心に響く魅力があったからです。

"人を捉え、その心を動かすこと"

デザインに携わる人にとっては、ある種当たり前のことかもしれません。ただ、別の分野からデザインへ越境してきた自分にとって、それはデザインをする上でとても大事なことだと感じています。

デザインの領域が広がり、扱う対象が変わっていっても、デザインが持つパワーの源はいつも、きっとそこにある ― そんな想いを大事にしながら、日々良い仕事をしていきたいと思っています。

PROFILE

1987年、新潟県生まれ。千葉大学大学院デザイン科学専攻を修了後、富士通入社。PC、スマートデバイスのUI/UXデザインに従事した後、Mobility IoT、スポーツICT事業を中心に、新規事業企画・プロモーション等のデザインを担当。現在、Ridgelinez株式会社にて、D2C新規サービス開発・ブランディング等の顧客支援を行っている。

個人としても活動を続け、企業とのコラボレーションによる商品化の実現、大学のデザイン講師を担当。企画からコンセプトメイキング、領域横断のデザインワークを得意とする。

<受賞歴>
・GOOD DESIGN AWARD 2021
・サンワカンパニーデザインアワード 2020 / 最優秀賞
・GOOD DESIGN AWARD 2018
・TOKYO MIDTOWN AWARD 2017 / 優秀賞
・Social Design Award 2016 / 入選
・東京ビジネスデザインアワード 2013 / テーマ賞

LINK

Facebook
本山 拓人

Share on

FACEのメンバーに興味を持っていただけたでしょうか?

お仕事のご依頼や転職を検討するにあたり聞いてみたいことなど、
現場のデザイナーがお応えしますのでお気軽にご連絡ください。
fj-face@dl.jp.fujitsu.com