woven

瀧山 愛 / Ai Takiyama Private Works
  • SICF
  • TOKYO ART BOOK FAIR
  • 企画
  • 自主制作

経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を織ることでできる連続的な凹凸はどこか安心感を与え、そこから生まれるしなやかな平面は我々の生活になくてはならない存在です。

wovenは、様々な素材を用いて「色彩」「質感」「時」を交わらせ組み上げることで生まれる表情を楽しむ作品です。様々に個性を持った色彩が交差することで規則的に表れていく文様、質感の微細に異なる矩形で織り出される面の表情、時を隔てた2つの世界が織り込まれた世界は、身近な文化としても継承されてきた「織る」という行為の意味を問いかけます。


SICF18 出展
TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition at Ginza Sony Park 出展

Designer瀧山愛、田中 重昌

COMING SOON…

DESIGNER

Share on

FACEのメンバーに興味を持っていただけたでしょうか?

お仕事のご依頼や転職を検討するにあたり聞いてみたいことなど、
現場のデザイナーがお応えしますのでお気軽にご連絡ください。
fj-face@dl.jp.fujitsu.com

CONTACT

お問合わせ内容について以下からお選びください。